僕と草津と石投げ祭り
Clickすると元画像が表示されます。 皆さんお久しぶりです。5月になりましたねぇ…。

我が草津温泉も暖かくなってきました。


えっ?

自分で書いててなんですが、もう5月なんですか?


あら〜。


ゐや〜。参ったなぁ〜。

なかなか『更新が出来ない』と思ったら…。


これが巷で噂の五月病?


でも一体何の為に…。


…はっ!まさか!


謎の暗黒地下秘密組織の奴らですよ!

奴らがホームページ更新をさせない為に、五月病ウイルスをお正月過ぎからひとつひとつ丁寧にばらまいたんですなぁ?


…全くなんという厄介な奴らなんだ。

そして恐るべし五月病…。



よゐこのみんなも五月病と暗黒地下秘密組織には気をつけてね〜。


って!前置き長いよ!


m(_ _)m
申し訳ございません。



…ゑ〜。

先に進みます(笑)


我が草津温泉では、町花である『石楠花』(しゃくなげ)がちょうど見頃なんです。


白根神社の境内や、町内の至るところに石楠花は咲きます。

また、これからはロープウェー駅のある殺生にも石楠花が見頃。群生がありますよ〜。


草津温泉にお越しの際は、楽しみにして下さいね♪


…そういえば、

僕が小学生の頃、春休みの宿題で『草津のお祭り』というのがありました。


とは言っても、当時は低学年だったんで、いまいち良くわかんなかったんですね。

それで姉に聞いたら、その宿題は全校生徒の共通だった事がわかりました。


悪知恵だけは働いた僕は、姉に内緒で宿題プリントをこっそり写したんです。


そしたら、すぐ姉にバレて消しゴムで速攻で消されましたが…。

それでも本文中の祭りの名前は意地で記憶してました。

たしか、そのうちの祭りのひとつに『石なげまつり』と書いてあったんです。


今思えば、石楠花のことだとは思うんですが、だいたいそんな祭りがあったかどうかも定かではないんですが、でも当時の僕は本気で石を投げる『石投げ祭り』だと勘違いしてたんです。

また、カンニングした手前、親にも姉には聞けないし、ひとりでどんな祭りかを考えました。


『石なげまつり』

石と石をみんなでなげあうまつり。


…そうは書いたものの、毎年行われているハズのこの祭り、どう考えても町内で血だらけの人なんて見てないし…。

さすがにアホの僕でもそれは違うだろうと思い、消しゴムで消しました。


結局悩んだ末に、プリントにはこのように書きました。


『石なげまつり』

石を、とおくになげるひとがかつまつり


…。

今思えば、よくもまぁこんな事を考えて提出したなぁ…と。


もちろん、職員室に呼ばれたのはいうまでもありません。


そして、そんな祭りがあるんだ!と、嘘を通してたら先生におもいっきりビンタされました。


…。


大人になるまで石楠花なんてわからなかったから、名前と花が一致した時に、フラッシュバックして当時を思い出しました。


石楠花…。


僕に『嘘はいけないよ』と教えてくれたお花。


石楠花が草津の町花で良かった。


そう思った38歳の春。


まだまだガンバリマス!


最近の謹賀新年事情
Clickすると元画像が表示されます。 皆さま、明けました。

驚きです!

えっ?


ですから謹賀新年ですよ。


そうそう、また謹賀新年の奴がスーパーのタマゴのパックを開けたんですよ!

全くイタズラ謹賀新年の奴ときたら…。


……。


…あれ?


なんかおかしくね?


っていうか、そんな謹賀新年(24)なんて奴はいません。


謹賀新年が開けたのです(長いんだよ前置きが)


ゐや〜。この前まで、てっきり9月頃かなぁと思っていたら…。

いつの間にか新年を迎えてました。


びっくりしたなぁもぅ〜。

あまりにも早すぎるから『シャア専用の
謹賀新年』かと思いました。


よし!決めた!

来年度は謹賀新年シャア専用だぁ!


え?シャア専用を知らない?


ガンダムに出てくるシャア大佐のモビルスーツは本当に速いんですよ。


だから今年も早いだろから、来年の年賀状は『謹賀新年シャア専用』で決まり!



……。



あれ?

なんかおかしくね?



だって、久しぶりの書き込みで、どんなテンションで書いてよいかわからなかったから…。(解らない方は、シャア専用とは?あれこれ検索♪)

何を言っても例えが沢山でキリがない(笑)

それでは本題へ参りましょう。



あっという間の一年間。昨年も本当にお世話になりました。


思い起こせば、社会的にも個人的にも、いろんな事がありすぎて、日々いっぱい、いっぱいでした。

しかしながら、ご来店下さるお客様のお話や、仲間の頑張る姿を見て、大袈裟な話でなく生きる勇気を頂きました。

ただただ有難いですし、本当に嬉しかったです。


どうぞ皆様の今年が本当に素晴らしい一年となりますように…。




効くぜ!
Clickすると元画像が表示されます。 ゑ〜。皆さまお元気さまです。8月ですよ♪


8月も中盤にはいりましたね。

ようやくの更新です!

おかげさまで龍燕は、大勢のお客様がご来店いただいております。

誠にありがとうございます。


さて、毎年のことですが、草津温泉はお盆休みを過ぎると、秋の紅葉に向けて気候がさらに涼しくなります。


地球温暖化が世界中で問題視され、改革が叫ばれる昨今。

あたくしもそんな地球の役にたとうと、朝から2、3発とくいの冗談をかます訳です。


するとどうでしょう。有効成分の『ツマンナイ』が自然環境に直接アタック。

2、3℃軽く下がるではありませんか!
(個人差があります)

なんだ!草津の涼しい理由はそれか!

…と、思われた方、是非とも地元で試してみると良いですね♪(個人差があります)

もしかしたら、ノーベル平和賞を受賞しちゃったら…と。

ニヤニヤしながらあしたも笑顔でがんばります。


今日も一歩前へ。


ちなみに画像は草津温泉観光大使の『ゆもみちゃん』

一緒に『旨いッす』(ザスパU23の成田が得意)のポーズです。


ワールドツアー始まる
Clickすると元画像が表示されます。 ゑ〜。皆さんお元気さまです。


これから毎日あっちく(暑く)なりますね。都市圏ではエアコンが無いと大変なことになってしまいます。本当ありがたいッス。


…と、言いたいのですが、標高1200メートルの涼しい草津で育った私には、どぉもクーラーが身体に合いません。


汗をかいた服や身体にクーラーの風が当たった日にゃあ、もう途端に冷えてお腹を壊します。


来た来た来たぁぁあ!!


まさに
『緊急来日!』ですよ。


何が来日って?

ですから『腹痛』ですよ。

ん〜。例えるならば…。私のお腹の中がライヴハウスになっていると仮定します。そこに、超ド級のロックバンド『Fuku 2』(超メジャー)がいきなりシークレットライヴで暴れまくるんですよ。


『Fuku 2』

凄いんですよ。こいつら(笑)知らない人がいないってくらい超メジャー。


どうでもいいんですけど、面子はね…。


ボーカル
「Chirigami」(チリガミ)

ギター
「pain」(ペイン)

ベース
「Washiki」(ワシキ)

ドラム
「knock」(ノック)

の、四人組。


その彼らが演奏するテーマは世界共通の『痛み』


昨日も前橋市内は非情に暑かった。で、そこへ緊急来日ですよ。

さぁ大変。

半端なかったね。今回の彼らの気合いは。ニューアルバム『Seirogan』(画像 アルバム写真)を引っ提げてのワールドツアー初日。

キター!!


チケットはもちろんソールドアウト。

怒涛の演奏を見事やってのけた彼ら。

いろんな意味でたまんない私。


アンコール。ほとんどのライヴの最後は定番曲の「Seirogan」で決まる。


水を打ったような静寂と共に、彼らは去っていった。


今回も「Seirogan」は身に染みたぜ。


ありがとう。


Seirogan


っていうくらい、昨日は暑さとクーラーにやられました(なんのこっちゃ)


皆さんもお身体御自愛下さいませ。




あいや暫く
Clickすると元画像が表示されます。 ゑ〜。久しぶりの更新となってしまいました。


個人的にあれこれニュースがありましたが、世の中の空気がまだなんとなくモヤモヤしているので、更新を控えていました。

でも、私は私。

やはり前を向きます。

お元気さまです。

今日も超元気。皆さんのおかげさま店長大木宣尚でございます。


さて、暦は6月に入りました。もう今年は半分になりました。あっという間に37歳(おっさん)になりました。


我が草津温泉ではつつじの花がとても綺麗です。これから紫陽花(あじさい)が見頃になりますよ。


さて、先日は龍燕のお客様から歌舞伎のチケットを頂戴いたしまして、生まれて初めて歌舞伎の観劇を体験しました。

演舞場内は、日本の伝統文化を守り続ける『責任』ともとれる緊張感がありました。都合で幕間から観劇したのですが、しばらくは場の醸し出す大人の空気に馴染むのがやっとでした。

お芝居はもちろん、時代劇の言葉使い、粋な祭り囃子、着物の色合い、そして踊り手の所作など…。

そこは日々の厳しい稽古の賜物。淡々と流れていくようで、ひとつひとつにこだわりの重みが見えました。


観劇後、何故か『日本人で良かった』と思わせる…。

不思議でしたが、そう偽りなく思わせるのは、『本物』の持つ匠技(迫力)であったと思いました。


良かった良かった。

日本人で良かった。


歌舞伎から教わったこと。

『ひとつひとつを丁寧に、真剣に積み重ねる。』


貴重な体験をありがとうございます。




誰が何と言おうとも
Clickすると元画像が表示されます。 皆さんこんにちは。

この度の震災で多くの方々が被災された。
心からお見舞いを申し上げると共に、亡くなられた方々へ慎んでお悔やみを申し上げます。


限界ギリギリの人達に軽々しく言葉なんてかけられないです…。


1日も早く、生きている私達が今を前向きに考え、明日を迎えられよう切に思う。

【ここからは書こうか書くまいか迷ったけど、載せることにしました。】


実は先月、地元中学校に本を寄贈しました。そして読書のすすめと題して講演を 頼まれ、話をしました。


吾妻郡内も含め通算七回目となる今回の話。

毎回、『信じ続け努力した夢は必ず叶う』とか、『信じた通りに人生はなる』とか話をする訳です。


目を輝かせて話を聞いてくれる生徒達に感謝され、私は本当にやりがいや手応えを感じ、生き甲斐すら覚えました。


しかし、天災が実際目の前に迫り、人間はなんて無力なんだと今さらながら痛感してしまいました…。

私はなんと浅はかだったのか…。



しかし考えても考えても、起きてしまった現実が変わりっこない。

それでも明日は来るわけで…。


小さな一歩を踏み出さなくては、遠くには行けない。

イチローの言葉を思い出した。


『私は私の出来ることをやる!』

誰が何と言おうとも今の私の精一杯。

一歩前へ。



必殺技のプレゼント(≧∇≦)
Clickすると元画像が表示されます。 ゑ〜。皆さん新年が明けました♪お元気さまです。


今朝の草津温泉はマイナス五度。

うぅさぶい。


いや〜二回目の更新だ〜とページをひらいたら前回更新したつもりの記事が、アップされてなくと凍りつきました(笑)

寒いとお肌は引き締まる効果はありますが、身はちっとも引き締まりません。
(≧∇≦)

写真はキリンビールさんから頂きました、生ビールの感謝状であります。
こちらを頂けたのも、皆様、お客様のおかげでございます。


本当にありがとうございます。


今年の龍燕は、より一層お客様に喜んで頂けるよう努めてまいます。

後日アップしますが、お持ち帰り、お取り寄せの出来る『おかげしゅうまい』の販売も予定しております。ご期待下さいませ。



さて、この時期の深夜、湯畑では、まれにダイヤモンドダストが観れます。


観たことありますか?ダイヤモンドダスト。


そうそう、セイントセイヤの登場人物、キグナスの放つ必殺技だよ。ダイヤモンドダスト。ありゃすげぇ技なん…

ではありません。


気温の下がった深夜、湯畑から立ち上る温泉の蒸気が空中に舞い上がって凍り、結晶化してキラキラ光るんですよ。


うわ〜!!
何だこりゃ!!
シャチョサンジュウマンエンネ!!
キレイなのにありえねぇ〜!!

って感じに驚きます。


…いや。本当はですね、スキー場などで、風が無く、気温がとにかく低い時に観れる自然現象なんです。


キラキラと光って本当にキレイですよ。こんな日にカップルが見つめあっていたら、普段より3割増し(当社比)にお互いが見えるハズ。


意外と地元の人も知らない湯畑の必殺技。湯畑で観れるって本当に凄いんですよ…。


寒い日にお越しのお客様は是非ともチェックしてみて下さい。タイミングがあえば観れるはずです。

でも寒いよう。


今年も引き続き御贔屓、御愛顧賜りますよう宜しくお願い致します。







あ゛〜
Clickすると元画像が表示されます。 え〜。皆さんお元気さまです。

12月になりましたね…。

我が草津温泉では、実に、なんと17年ぶりに湯畑の温泉が流れる『木の樋(とい)』が交換されました。

やはり天然温泉で無類の強酸性を誇る草津温泉は、年月をかけて風化に強い木ですら腐食させてしまうのです。


さて、この新しい木の樋は、前回よりも深さが増してあり、横板、底板が断熱材を挟んだ『二重構造』になっています。これにより温泉の温度が下がり難い(にくい)設計になっています。


なかなか御目にかからない、リニューアルした湯畑をお楽しみ下さい(すごいんだよ。何気に。)


そんな草津温泉の山々では、梟などの野鳥の羽が白く生えかわり、いよいよ冬がやって来ました。

雪が降りだす前に、先日あたくしは山梨県に『硯』(すずり)を造りに行きました。


ゐや〜。硯の石は固い!

『だって石だもの』
Byよっちゃん

優秀な硯石の産地である山梨県『雨畑』

ここの『雨畑真石』は大変貴重で、硯造りには最高に適した石材なのだそうな。

ここをガイドブックで妻が見つけてくれた時は運命を感じました。『あ゛〜!』

絶対にここに行く。と。

訪れた山深い匠の里『雨畑硯の里 硯匠庵 』では、至高の美術品ともいえる硯がずらりと展示されています。一部販売もされています。

ここ、硯匠庵さんでは硯造りの体験が出来ます。現在、職人さんは『玉泉』先生ひとり。

硯造り35年のベテランなのです。

玉泉先生は、自ら採石し、ひとつひとつ丁寧に硯を製作しておられます。

竹を模した大きな硯が、玉泉先生に依頼して造って頂いた作品。

小さいのがあたくしの作った硯。


初体験に夢中になって製作した二時間半でしたが、完成はまさに夢のような至福の時。

『あ゛〜。』


当たり前なんですが、硯造りも最低五年で一人前なのだとか。

自らがその場所へ赴き、実際に体験して初めてわかる硯造りの苦労と奥の深さ。

この世界観に、私達夫婦は ただただ絶句するばかりでした…。


また来よう…。


そんな余韻を残しつつの帰宅後、冬の温泉が肌にしみました。


外気が低い分、温泉に浸かった時の


『あ゛〜!』

というひととき。


たまりません。
( ̄∀ ̄)


『あ゛〜』しまくりだね。今年は。



もし、『世界あ゛〜選手権大会』があったら(何だそりゃ)間違いなく金メダルとれますよ。



「金メダルおめでとうございます。」


『はい、ありがとうございます。』


「決勝戦の草津温泉、本当に厳しい戦いでしたが、素晴らしい あ゛〜 でしたね?」


『はい、非常に寒い環境でしたが、身体が本当に良く反応してくれました。草津温泉最高です』


「そうですか。では今の率直なお気持ちを日本の皆さんに一言お聞かせ下さい」


『あ゛〜!』


みたいな。
(≧∇≦)



……。



ままま、なかなか日々忙しいですと、自然を感じる瞬間なんて意識しないですよね…。


ようするに、人は感無量だと『あ゛〜』になってしまうんです。


是非とも体感してもらいたいです。


あっという間の一年間。まさに光陰矢のごとし。


年末年始の大切な節目、草津温泉はあなたの大切なひとときを強く優しく迎えてくれます。


もちろん龍燕では皆様のお越しを心よりお待ちしております。
m(_ _)m


年末年始(31日おせち仕込みにつき休業)は大変混雑致しますのでご予約をおすすめ致します。

ご予約、お問い合わせは
『0279883777』龍燕まで宜しくお願い致します。






書楽
Clickすると元画像が表示されます。 ゐや〜。皆さんお元気さまです。

11月の2〜4日は、草津温泉町民文化祭が行われました。

久しぶりの文化祭に、思い切って『書』と『粘土細工』を出展しました。


粘土細工はもちろん、書道は本当に楽しいですね。

まさか自分自身ここまでハマるとは思いませんでした(笑)

毎月稽古に励んでいます。

さて、ハマるととことん深くのめり込むあたくし(36)は、道具に凝り始めた訳で…。

ついに墨敵(墨汁)の入れ物も手作りしようと、フラワーアレンジメントの達人『草津フラワー』の土屋和貴くんに相談しました。


和貴くんはフラワーアレンジメントの全国大会に毎年顔を連ねる若き天才アーティスト。


「あのさ、竹で墨汁の入れ物作りたいから竹を譲ってくれない?」


と、彼にいきさつを伝えると

『いいよ。ちょっと待ってて…』


そう言うと、あれよあれよと竹の墨敵入れ物を作ってくれました(写真)


うひひ。天才アーティストが友達で良かった♪と思う至福のひととき。


じゃあ、今度は自らで書道ケースを製作しよう(^O^)/と企て、草津温泉『宮崎工業』の大工さん、宮崎さんに木材をおねだりしました。


宮崎さんは、金はいらないから、いるだけ持ってきなと快諾!

ありがとう康さん!
(≧▽≦)ゞ


『夢の箱』現在製作中であります。



聖地巡礼
Clickすると元画像が表示されます。 ゑ〜。皆さんこんばんは。

11月になりました。

ゐや〜。寒くなってきました。秋も終盤ですね♪

一足先に、冬期のお化粧を始めた草津白根山はうっすら雪で白くなりました。

この白根山を通過する道路、志賀草津道路は、長野県と群馬県(草津温泉)を結ぶルートのひとつであります。

実はこの道路は、国道最高地点(標高)を記録しており、日産自動車『スカイライン』名称由来の場所なのです。


スカイラインオーナーには『聖地』として呼ばれています。
雲よりも高い標高をドライブするなんてなかなか出来ません。
(((゜д゜;)))

まるで天空のラピュタにいる感覚です(笑)

残念ながら冬季は積雪の為に閉鎖になってしまうので、今年はあとわずかしか走れません。


スカイラインオーナーの方も、そうではない方も、是非この素晴らしい景色を御覧下さいませ。

大丈夫、『飛行石』が無くても白根山はあなたをお待ちしております(笑)